高校生からでも留学ができる

留学とは、海外の学校に行って勉学に努めることを意味します。

長期的な留学を望む人の多くは大学に行ってから行くことが多いですが、高校の段階でも満足の行く体験をすることは可能です。高校留学をする場合には、実践するプログラムによって内容がかなり異なります。


例えば、交換留学のプログラムを利用する場合にはそのプログラムに加入しているボランティアの家庭でお世話になりますので、費用に関しては少なくなります。

留学の詳細情報となります。

運営団体に対して費用を支払えば良いので、年間でだいたい100万円から150万円程度です。

一方で、こうしたプログラムを利用せずに正規留学をすることによって私費で授業料や滞在費を支払う方法もあります。
この場合には、各国のビザの規制などにも配慮する必要があります。

高校生が海外に行くためのビザとしては観光ビザと学生専用のビザが有名ですが、私費で海外に行く場合にはビザの制限がかかって本人が希望する学校に行けない可能性もあるので、その点に関しては注意をしておく必要があります。

また私費で行く場合では、公立高校と私立高校の違いが存在し、現地の学生とは違った費用を支払うこともあります。

これに関しては日本と同じで、公立高校に通えた方が私立高校に通うよりも費用は安くて済むのでよく考慮することが重要です。

T-SITEについて詳しく説明しています。

海外に行く時期や方法に関しては、日本国内のプログラムだけではなく海外の事情も考慮することが大切なので、まずは情報をきちんと整理することから始めることが大切です。